Blood and Roses-血とバラ










Et mourir de plaisir Blood and Roses(血とバラ) 1960


監督 Roger Vadim(ロジェ・ヴァディム)
小説 Sheridan Le Fanu(シェリダンレ・ファニュ)novel "Carmilla"「カーミラ」
原作 Claude Brule(クロード・ブリュレ)
原作 Claude Martin(クロード・マーティン)
脚本 Roger Vadim(ロジャー・ヴァディム)
脚本 Roger Vailland(ロジャー・バイヤン)
音楽 Jean Prodromides(ジャン・プロドロミデス)
撮影 Claude Renoir(クロード・ルノワール)

カラー シネマスコープ 

Blood and Roses(血とバラ)フランス原題: Et mourir de plaisirは、1960年に製作されたフランス・イタリア合作映画.。

日本公開は1962年で、文学、映画、少女漫画等にこの映画の影響を受けた作品がある。


ジョゼフ・シェリダン・レ・ファニュの原作『カーミラ』をもとにして、フランスのロジェ・ロジェ・ヴァディムが監督した。

紀元2世紀の古い館がロケに使われ、吸血鬼伝説、仮装パーティー、花火とお膳立てを揃え。

ヴァディム監督ががあらゆるテクニックを駆使してに耽美と幻想を極めた映像が素晴らしい。

美しい撮影は名手クロード・ルノワール、ジャン・プロドロミデスの甘美な音楽も耳に残る。



撮影風景 手前がロジェ・ヴァデム



Blood and Roses (2) Blood and Roses (3) Blood and Roses (4) Blood and Roses (5) Blood and Roses (6)

Blood and Roses (8) Blood and Roses (9) Blood and Roses (10) Blood and Roses (11) Blood and Roses (12)

Blood and Roses (13) Blood and Roses (16) Blood and Roses (17) Blood and Roses (18) Blood and Roses (19)

Blood and Roses (20) Blood and Roses (21) Blood and Roses (22) Blood and Roses (25) Blood and Roses (26)



2014/09/09
inserted by FC2 system