血とバラの女たち




Carmilla (as Annette Vadim) and Georgia (as Elsa Martinelli)


美女二人


ジョージア役のエルザ・マルティネリは1935年 イタリア生まれ 身長170cm

トップクラスのモデル(スーパーモデル)からハリウッドで女優デヴューした、

この映画の撮影時はイタリアの伯爵と結婚しており、実生活でも伯爵夫人だった。

レオポルドの婚約者、ジョージアは明るくてハッキリした太陽のような女性。毒舌家でもある。


カルーミラ役のアネット・ヴァディムは1936年 デンマーク生まれ 身長170cm

モデルや雑誌のカバーガールをしていたが、ディスコでロジェ・ヴァディムと出会い、映画デヴューする。

後にヴァデムと結婚し、アネット・ヴァディムとなる。旧姓はアネット・ストロイベルグ。

カルーミラは感情の起伏が激しく、どこか謎めいて月のよう。従兄のレオポルドを愛している。



演技指導するロロジェ・ヴァディム監督


メイドのリザ役のガブリエラ・ファリノン(Gabriella Farinon)も美少女。1941年イタリア生まれ

撮影に入る少し前にロジェ・ヴァデムが見いだしたそうで、「血とバラ」が映画初出演。

彼女の経歴にはこの映画より前の作品もあるが、撮影は本作が一番早い。






inserted by FC2 system