Who's who


人名録

Who's whoメルを廻る人々



A
Anthony Quinn (アンソニー・クイン 1915-2001)強烈な個性で長く活躍した名優 メルの代表作「The Brave Bulls」で 闘牛士とマネージャーという役柄で共演した
Arthur Kennedy (アーサー・ケネディー 1914-1990)舞台俳優時代からの友人で「無頼の谷」の主演俳優で演技力には定評がある 愛妻に先立たれた晩年はやや不遇だった
Audrey Hepburn(オードリー・ヘプバーン 1929-1993)はメルの三人目の妻で有名な女優 「オンディーヌ」「戦争と平和」「マイヤーリング」で共演 「緑の館」では監督、「暗くなるまで待って」ではプロデューサーを務めた 婚姻期間は1954-1968 1960年に男児ショーンが誕生している
B
Barbara C. Tripp(バーバラ・トリップ)二人目の妻で小説家 (婚姻期間は1940?-1944で一男一女がいる 娘メラ・フェレール1943- 息子クリストファー・フェレール1944-
Beatrice Pearson (ベアトリス・ピアソン 1920-1986)「 Lost Boundaries (失われた境界線)1949 」で夫婦役で共演 小柄で可憐な容姿ながらしっかりした演技で老け役も自然にこなしている
C
Claudette Colbert (クローデット・コルベール 1903-1996) 古くから活躍していた名女優 丸顔の親しみやすい容姿でコメディエンヌとして人気があった メルの監督作「The Secret Fury」1950に主演
Catherine Deneuve(カトリーヌ・ドヌーブ 1943-)フランス映画 「 Ladies Man (色男)」1960でメルの義理の姪役で出演 金髪に染める前のドヌーブは後年よりずっと地味な印象である
D
Danielle Darrieux (ダニエル・ダリュー 1917-)フランスを代表する大女優で  「 Ladies Man (色男)」1960で共演 妻と愛人の二役を演じた
E
Elizabeth Soukhotine(エリザベス・スコーティン)四人目にして最後の妻 愛称はリーサ ロシアの文豪トルストイの子孫の一人でベルギー生まれ メルとロンドンで出会った頃はこどもの本の編集者だった 1971年にロンドンで結婚 その後はスイスのローザンヌに住んだ 2008年にメルがサンタバーバラで死を迎えるまで40年近く連れ添った
F
Frances Pilchard(フランシス・ピルチャード)最初の妻、彫刻家 最初の結婚は20歳の学生(メルも彼女も)の時で駆け落ち同然だった1937-1939)男児を一人授かるも幼くして死亡 後に再婚して(1944-1954)一男一女を儲ける 娘ペパフィリッパ・フェレール1941-と息子マーク・ヤング・フェレール1944-
G
Gregory Peck:(グレゴリー・ペック 1916-2003)俳優仲間で友人 一緒に演劇集団を結成した メルにLanky Bones(ひょろっとした骨)というニックネームをつける
H
Henry Fonda(ヘンリー・フォンダ 1905-1982) メルがジョンフォード監督のアシスタントを務めた映画「The Fugitive (逃亡者 1947)の主演俳優で、友人 撮影中に急遽Father Serra役で出演することとなり、俳優としての最初の映画となった
I
Irene Ferrer(アイリーン・フェレール 1878-1967)メルの母 旧姓はMary Matilda Irene O'Donohue  富豪でニューヨークの実力者の娘 マンハッタンの社交界ではアイリーンと呼ばれていた
Irene Ferrer(アイリーン・フェレール 1878-1967)メルの姉で医学博士 心臓内科医 大学教授 心臓カテーテル手術、心電図の開発など医学界に大きな功績を残した
J
Jose Maria Ferrer(ホセ・フェレール 1857-1920)メルの父 キューバ生まれの医学博士、外科医、ニューヨーク セントビンセント病院のチーフで゙肺炎の権威  エキゾチックな容姿で社交界でも人気の言わばスター医師であった 妻アイリーンは22歳年下 メルが2歳の時に心臓発作で急死
Jose M. Ferrer Jr.(ホセ・フェレール 1912-1982)5歳上の兄 医学博士 外科医 コロンビア大学教授 ニューヨーク医学アカデミー会長 ウィップル外科学会会長等を歴任する
Jose Ferrer(ホセ・フェラー 1912-1992)舞台映画で活躍した名優でトニー賞、アカデミー賞の主演男優賞を受賞している 父、兄と同姓同名だが姻戚関係はない プエルトリコ出身 メルとは長い間、混同され間違われてきた メル演出でホセが主演、逆にホセ演出でメルが主演という舞台もあり、友達でもあった
K

L
Leslie Caron(レスリー・キャロン 1931-)ジーン・ケリーに見いだされ「パリのアメリカ人」で衝撃的なデヴューをしたフランス出身の女優、ダンサー 主演作「Lili (リリー)」1953でメルと共演し、素晴らしい演技を見せた 20年後に中年の元恋人という設定のTVドラマで再び共演している
M
Marlene Dietrich (マレーネ・デートリッヒ 1901-1992)ドイツ出身でハリウッドで活躍した女優、歌手 フリッツ。ラング監督の「無頼の谷」で共演した デートリッヒはメルを気に入り、後に自身のショーに出演させたりしている
Miroslava (ミラソワ1925-1955)チェコスロバキア出身、メキシコで人気女優になり、The Brave Bulls (ブレイブブルズ1951)で共演した 若くして自殺している
N
Natalie Wood  (ナタリー・ウッド 1938-1981)子役から活躍していた女優 ロシア系で本名はナターシャ 「Sex and the SingleGirl (セックスと嘘とシングルガール1964)」等で共演した
O
P
Q
R Robert Ryan  (ロバート・ライアン1909-1973)1950年に監督作「 The Secret Fury」、共演者として「生まれながらの悪女」で一緒に仕事をしている 「The Longest Day (史上最大の作戦)1962」ではスケジュールの都合で役を降りたメルの代わりをライアンが引き受けている メルが降りた役は主役のジョン・ウエインと対峙する役で、メルが実際に演じた広報担当の将軍より遥かに良い役だった だがこの役は貫禄があり洒脱なところもあるライアンに合っておりライアンで良かったと思う
S
T
U
V
W
X
Y
Z



まったり更新予定


2014/09/23
inserted by FC2 system